入浴施設

藪塚温泉を利用した大浴場です

「薮塚温泉」は、群馬県太田市(旧薮塚本町)のなだらかな丘陵に囲まれたところにある温泉です。

 

昔、里人は岩窟から湧き出る湯を病を治す湯治場として使っていましたが、ある日この妙湯に馬が飛び込み、一声高くいななくと雲と雨を起こして天に舞昇りました。以来、冷泉に変わってしまいましたが、村の老人の枕辺に薬師如来が現われ、「この水を沸かせば、万病に効く霊泉となる。」と告げました。この民話にも語られた藪塚温泉の開湯は天智天皇の御代、行基上人によるものとされています。


また鎌倉時代の武将新田義貞が、鎌倉攻めの際に傷ついた兵士達をこの温泉で療養させたことから『新田義貞の隠し湯』とも言われています。

 

泉質は、メタケイ酸および炭酸水素ナトリウムの炭酸水素泉で、刺激が少なく肌によく、胃腸病やリウマチ、疲労回復の効果などがあります。ゆっくり長時間浸かってじんわり心身共に暖まる温泉です。


リハビリに励みながら、広い温泉でゆったり一息…。